Saminnet-Search Article Wiki Forum Piwigo SNS Cloud vtiger Sugar
Arch GUI

Arch GUI

GUI環境の設定

Xの導入

これがないとデスクトップ用途では話になりませんね

# pacman -S xorg-server xorg-server-utils xorg-xinit xorg-xclock xterm

ドライバのインストール

が、その前にどれをインストールすればいいのかを確認

# lspci | grep VGA

自分はintelだったので、それをインストール

# pacman -S xf86-video-intel

詳しくはXorgの表をみて、自分の環境にあったものを入れてください

VMwareやVirtualBoxの場合は必要ないです

DMの導入

SLiMを使います
ついでにArch Linuxの壁紙も設定

# pacman -S slim archlinux-themes-slim slim-themes
# nano /etc/slim.conf

以下のように編集とコメントアウトを外します

login_cmd exec /bin/zsh -l ~/.xinitrc %session
daemon yes
current_theme archlinux-simplyblack

最後に

# systemctl enable slim.service

これで次回起動時に自動でグラフィカルなログイン画面が表示されます

WMの導入

軽いけど高性能。それがXfceです
もっと軽いのが良ければLXDEとかOpenbox、高機能がよければGnomeとかKDE
タイル型が良ければawesomeなどと、好きなのを入れてください

今回はXfceで、パネルプラグイン・通知・システムツール等々もサクッと入れたいので
Xfceの追加パッケージまで入れちゃいます
Xfce公式

# pacman -S xfce4 xfce4-goodies gamin

自動で起動するように設定していきます
Start X at Login

# cp /etc/skel/.xinitrc ~/
# nano ~/.xinitrc

以下のコメントアウトを外す

exec startxfce4

これでひとまずrootのGUI環境は整いました

細々とした設定

Yaourtの導入とついでにいろいろ

これフランス語でヨーグルトらしいです
Yet AnOther User Repository Toolの略だそう
なかなか洒落てますよね

まずはリポジトリを追加します
ついでにこの後設定する日本語入力のも追加しておきます
あと32bitのも使えるようにも…

# nano /etc/pacman.conf

以下を追加

[archlinuxfr]
SigLevel = Never
Server = http://repo.archlinux.fr/$arch

[pnsft-pur]
SigLevel = Optional TrustAll
Server = http://downloads.sourceforge.net/project/pnsft-aur/pur/$arch

以下のコメントアウトを外す

[multilib]
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist

# pacman --sync --refresh yaourt
# pacman -Syu

日本語入力環境とフォントの設定

どうもiBusが評判がいいようなので、iBusを使います

# pacman -S mozc ibus-mozc emacs-mozc

このままだとフォントが汚いので

# yaourt -S ttf-ricty

個人ユーザーにて

そろそろrootを抜けて、個人ユーザーで設定していきます

# exit

個人ユーザーでログインします

はじめに

シェルの変更とWMの設定の一部をもう一度

$ chsh
/bin/zsh
$ cp /etc/skel/.xinitrc ~/
$ nano ~/.xinitrc

以下のコメントアウトを外す

exec startxfce4

WMを起動させましょう

# startx

Xfceのネズミさんが出たら成功です
でなければ知りません

おい、マウスとかキーボードが効かないぞ!って人
$ sudo pacman -S xorg-drivers

とすると動くかもしれません

日本語入力まわりの続き

キーボード

Settings ManagerのKeyboardからLayoutを選択
Japaneseを追加して、

TypeMatrix EZ-Reach 2030 USB (106:JP mode)

を選択するとうまくいくはずです

iBusの設定

ターミナルを起動し

$ ibus-setup

と入力
Input Methodで

Japanese - Mozc

を追加
AdvancedのKeyboard Layoutにて

Use system keyboard layout

このままでは自動でスタートしてくれないので
もう一度ターミナルを起動して

$ nano ~/.xinitrc

以下をexec~よりも前に記入

# ibus
export GTK_IM_MODULE=ibus
export XMODIFIERS=@im=ibus<br< a="">> export QT_IM_MODULE=ibus
ibus-daemon -drx

Bluetooth関連の設定

紐付きのマウスは嫌いなんですよ
動かすたびに若干の抵抗があって嫌いなんです

$ sudo pacman -S bluez bluez-utils

なんとなくutilsまでダウンロードしておきました

$ sudo systemctl enable bluetooth
$ sudo systemctl start bluetooth

Bluetoothデバイスへの接続ですが、これのためのGUI環境を整えてやるのも勿体無いので
CUI環境でサクッと設定します

$ bluetoothctl 

[NEW] Controller 00:12:34:56:78:90 pi [default]

みたいなのが出ます
ここでのMACアドレスは00:12:34:56:78:90として説明していくので
任意のものに置き換えてやってください

[bluetooth]# agent KeyboardOnly
[bluetooth]# default-agent 
[bluetooth]# power on
[bluetooth]# scan on
[bluetooth]# pair 00:12:34:56:78:90
[bluetooth]# trust 00:12:34:56:78:90
[bluetooth]# connect 00:12:34:56:78:90
[bluetooth]# quit

接続の設定は終わりです
毎回毎回power onするのはめんどくさいので、次回起動時から自動で接続するよう設定します

$ sudo nano /etc/udev/rules.d/10-local.rules

以下を記入

# Set bluetooth power up
ACTION=="add", KERNEL=="hci0", RUN+="/usr/bin/hciconfig hci0 up"

外部メディアやディスクの自動マウント設定

これもいちいち面倒です
gvfsをインストールしましょう

$ sudo pacman -S gvfs

ファイルマネージャThunarにおいて右クリックで圧縮・解凍

コマンドあまり覚えていないので便利
xfce4-goodiesをインストールしていればthunar-archive-pluginは入っているはずですが
このままだと使い物になりません
file-rollerをいれましょう

$ sudo pacman -S file-roller

これでひとまず完了です
再起動して確認してみましょう

Comments   

 
0 #1 Guest 2016-04-02 13:18
www.mp3dj.eu

I think this is one of the most significant information for me.
And i'm glad reading your article. But should remark on some general
things, The web site style is great, the articles is really great : D.
Good job, cheers

Feel free to surf to my webpage - Music Dance Trance deep-House
Quote
 

Category Database

TweetTweet Share on LinkedInShare on LinkedIn Share on Google+Google+ Submit to RedditReddit Publish on WordPress WordPress Send emailSend email