Saminnet-Search Article Wiki Forum Piwigo SNS Cloud vtiger Sugar
TSMメモ

  • Oracle
    • WebLogic Reset (270) Tue04,11:01am

      WebLogic起動するたびにユーザ名とパスワードを聞いてきて煩わしかったので回避したメモ。     securityフォルダを作成     $ mkdir $DOMAIN_HOME/servers/AdminServer/security     boot.propertiesを作成    boot.properties     username=weblogic    password=password     ※平文でOK     nohup & でWeblogicを起動     $ nohup sh $DOMAIN_HOME/startWebLogic.sh &     ※nohup.outに吐かれるのがいやだったら適当にリダイレクトさせる     boot.propertiesが暗号化されてることを確認     $ ca…

      Read More...

TSMメモ

管理コマンド実行ログの取得(dsmadmcの引数としてid&passwordの前に指定)

         -outfile=<FileName>         実行結果を指定ファイルに記録 

         -displaymode=<list/table>   ファイルに記録するフォーマット(list:列,table:行)を指定

         -commandlimited             コンマで区切った文字列として出力

         -tabdelimited               タブで区切った文字列として出力

ANR9999Dエラーの詳細表示指定

         set contextmessaging on

コンソールメッセージの表示

         -mountmode

パフォーマンス関連

・サーバーオプションファイル

bufpoolsize        TSM DBの入出力のためのバッファーサイズ。

                   DBのキャッシュヒット率が98%以上になるよう増やしてパフォーマンス向上。

                   256[kb]~、デフォルト2048[kb]。

logpoolsize        TSM LOGの入出力のためのバッファーサイズ。

                   LOGのキャッシュヒット率を参考に増やす。

                   128[kb]~、デフォルト512[kb]。2048~8192[kb]が推奨値。

txngroupmax        ここで指定したファイル数を受信するとTSM DBコミットされる。

                   大きくすることによりパフォーマンス向上。

                   4~256,デフォルト40。最大値の256を推奨。

movebatchsize      同一トランザクション内での、バッチで移動するファイル数。

                   ストレージプーツのバックアップ、リストア、マイグレーション、再利用などでパフォーマンス向上

                   1~1000

movesizethresh     同一サーバトランザクション内での、バッチで移動するデータ量の閾値

                   ストレージプーツのバックアップ、リストア、マイグレーション、再利用などでパフォーマンス向上

                   1~500[mb]、デフォルト500[mb]

selftunetxnsize    yesでTSMが自動的にtxngroupmax,movebatchsize,movesizethreshの設定値を変更します。

                   スループット向上のため、それぞれ最大値に設定します。

                   デフォルト no

expinterval        自動インベントリ

setftunebufpoolsize yesでTSMが自動的にTSM DBのバッファープールサイズを調整します

                   デフォルトはno

tcpwindowsze       TCP・IPでデータ受信時のバファーサイズ。バックアップやアーカイブ時のパフォーマンス向上

                   0~2048[kb]

uselargebuffer     クライアントとサーバの通信にラージバッファを利用することを指定。

                   デフォルトyes

・クライアントシステムオプションファイル

txnbytelimit       ここで指定したバイト数の送信を行うとTSM DBがコミットされる。

                   TSM DB更新量を削減するため最大値を利用することを推奨。

                   300~25600[kb]、デフォルトは2048[kb]

tcpbuffsize        TCP/IP通信バッファー用サイズ。サイズ増加に伴いメモリを消費するが、パフォーマンスは向上。

                   1~512[kb],デフォルトは31[kb]

tcpwindowsize      TCP・IPでデータ受信時のバッファーサイズ。リストアやリストーブ時のパフォーマンスを向上。

                   バックアップやアーカイブ時の設定は、サーバーオプションファイルで行う。

                   1~2048kb デフォルト32[kb]

shedmode polling:一定の時間間隔でクライアントがサーバにスケジュールを問い合わせる

                            間隔はサーバかqueryschedperiodで指定

                   prompted:サーバーがクライアントに接続しスケジュールを送信(TCP/IPのみ)

schedlogname       スケジュールで実行された内容を記録するファイル名。

                   デフォルトはカレントディレクトリのdsmsched.log

tcpnodelay         yesで最大伝送単位(MTU)未満のデータパケットを即時に送信

                   デフォルトはno。yesとすることによりパフォーマンス向上。

compression        TSMにファイルを転送する前に圧縮する。高速ネットワークの場合、パフォーマンスが悪くなる。

                   低速ネットワークで高速CPUの場合は有利。

changingretries    バックアップ試行回数の設定

resourceutilization         TSMサーバとクライアント間の最大セッション数。

largecommbuffers   大量のデータを転送するために増加バッファーを利用させる。

                   AIXはデフォルトyes。

errorlogname       エラーを記録するファイル名。デフォルトは/usr/tivoli/tsm/client/ba/bin/dsmerror.log

errorlogretention  エラーログを保持しておく日数

virtualnodename    仮想ノード名の指定

virtualmountpoint  AIXのファイスシステム単位ではなく、ここで指定したディレクトリ名を仮想ファイルシステムとして定義します。

                   (q filespaceで見たときに異なる)

/usr/samples/kernel/vmtune

サーバ   vmtune -R 64 -F 184 -c 1

クライアント       vmtune -R 64 -F 376 -c 1

q dbより

Avalable Space{MB] 利用可能なスペースの容量

Assigned Capacity(MB)       割り当て済ストレージ容量

Maximum Extension(MB)       拡張可能データベース最大容量

Maximum Reduction(MB)       縮小可能データベース最大容量

Page Size(byte)             データベースのページサイズ

Total Usable Pages 利用可能な合計ページ数

Used Pages                  現利用ページ総数

Pct Util                    現在の利用率

Max Pct Util                最大データベース利用率

Physical Volumes            データベースボリューム及びコピー数

Buffer Pool Pages           データベースバッファープールのページ数

Total Buffer Requests       最後のReset Bufpool(またはTSMサーバの再起動)後の、

                            データベースページへの要求累積数

Cache Hit Pct.              既にバッパープールに入っているデータベースページの要求数を、

                            要求の総数に対するパーセンテージ

Cache Wait Pct.             (全てのバッファープールが占有されているために)利用不能だった、

                            データベースバッファープールページの要求数のパーセンテージ

Backup in Progress?         現在バックアップが実行中か否か?

Type of Backup in Progress? 現在実行中なのはフルバックアップか差分バックアップか?

Incremental Since Last Full 最後のフルバックアップ以降に取得された差分バックアップの実行回数

Changed Since Last Backup(MB}        最後にバックアップが取得されてから変更されたデータベース容量

Percentage Changed 最後のバックアップ以降に変更したページ数のパーセンテージ

Last Complete Backup Date/Time       最後にバックアップを完了した日時

q logより

Avalable Space{MB] 利用可能なスペースの容量

Assigned Capacity(MB)       割り当て済ストレージ容量

Maximum Extension(MB)       拡張可能データベース最大容量

Maximum Reduction(MB)       縮小可能データベース最大容量

Page Size(byte)             ログのページサイズ

Total Usable Pages 利用可能な合計ページ数

Used Pages                  現利用ページ総数

Pct Util                    現在の利用率

Max Pct Util                最大データベース利用率

Physical Volumes            ログボリューム及びコピー数

Log Pool Pages              ログバッファープールのページ数

Log Pool Pct. Util          トランザクションコミット後に利用されたバッファープーツのページ数を、

                            全ログページ数で割ったパーセンテージ

Log Pool Pct. Wait          (全てのバッファープールが占有されているために)利用不能だった、

                            バッファープールページの要求数のパーセンテージ

Comulative Consumption(MB)  統計を最後にリセットしてからサーバが利用したログスペースの量

Consumption Reset Date/Time ログの累積利用統計を最後にリセットした日時

q stgpoolより

Storage Pool Name  名

Storage Pool Type           タイプ(プライマリかコピー)

Device Class Name  割り当てたデバイスクラス名

Estimated Capacity(MB)      ストレージプールの見積もり容量

Pct Util                    ストレージプールの利用率見積もり

Pct Migr                    マイグレーション可能なデータの率

Pct Logical                 論理占有率

High Mig Pct                マイグレーション開始閾値

Low Mig Pct                 マイグレーション停止閾値

Migration Delay             マイグレーションするまでファイルを置いておく最低日数

Migration Continue Migration Delayを満たさなくてもマイグレーションするか否か

Migration Processses        マイグレーションに利用するプロセス数。最大数は占有可能なドライブ数を超えてはいけない

Next Storage Pool  マイグレーション先ストレージプール

Recraim Storage Pool        リクラメーション処理用ストレージプール

Maximum Size Threshold      ストアされるファイルの最大サイズ

Acess                       アクセス方式。ReadOnly,ReadWrite

Description                 説明

Overflow Location           move mediaコマンドで自動化ライブラリから排出されたときにストアされる場所

Cache Migrated Files?       キャッシュが次のストレージプールにマイグレーションされたファイルを利用できるか否か

Collocate?                  コロケーションが利用可能か否か

Reclamation Threshold       リクラメーション閾値

Maximum Scratch Volumes Allowd       スクラッチボリュームの最大利用可能数

Delay Period for Volume Reuse        無効になったボリュームを再利用するまでに経過させる日数

Migrration in Progress?     マイグレーション中?

Amount Migrated(MB)         マイグレーションし終わったデータ容量

Elapsed Migration Time(sec) マイグレーション経過時間。

Reclamation in Progress?    リクラメーション中?

Volume Being Migrated/Reclaimed      マイグレーションまたはリクラメーション中のボリューム名

Last Update by              最終更新ユーザ

Last Update Date/Time       最終更新日時

q volより

q volhistoryより

DATE/TIme 作成日時

Volume Type        タイプ

         BACKUPFULL         DBフルバックアップボリューム

         BACKUPINCR         差分DBバックアップ

         DBDump             オンラインDBダンプボリューム

         BACKUPSET バックアップセットボリューム

         DBSnapshot         DBスナップショットバックアップボリューム

         DBRpf              DBBackupとRPFileに関する情報

         EXPort             エクスポートボリューム

         RPFile             回復計画ファイルオブジェクト

         RPFSnapshot        スナップショット回復計画ファイルオブジェクト

         STGNew             新規順次アクセスストレージボリューム

         STGReuse 再利用順次アクセスストレージボリューム

         STGDelete 削除順次アクセスストレージボリューム

Backup Seriese     バックアップ集合ID

Backup Operation   DBバックアップまたはスナップショットバックアップの場合は操作番号。その他は0

Volume Seq         バックアップ集合内のボリュームの順序または位置

Device Class       関連するデバイスクラス

Volume Name        名前

Volume Location    ロケーション。ただしタイプが、BACKUPFULL,BACKUPINCR,DBDUMP,EXPORT,RPFILEのときのみ

Command  タイプがEXPORTまたはBACKUPSETの時に利用されたコマンド

Determine Backup output destination

1. Tape Library

         define library <Library_name> librypt=<Library type> device=<Device File Name>

2. Tape Drive

         define drive <Library name> <Drive Name> device=<Device File Name> element=<Element No.>

3. Device Class

         define devclass <Device class name> devtype=<Device Type> format=<format> library=<library name> <mount parameta>

4. Storage Pool

         define stgpool <Storage Pool Name> <Device Class Name> maxscratch=<Number of Max Scratch Volumes>

5. Tape Volume

         label libvolume <Library Name> <Volume Name>

         define volume <storage pool name> <volume name>

          -- or --

         label libvolume <library name> search=yes labelsource=<barcode -or- prompt>

6. Checkin

         checkin libvolume <Library Name> <Volume Name> status=<scratch -or- private>

         -- or --

         checkin libvolume <Library Name> search=yes status=<scrach -or- private> checklabel=<barcode -or- yes>

5-6. checkin & Label

         label libvolume <Library Name> <Volume Name> checkin=<scratch -or private>

          -- or --

         label libvolume <Library Name> search=yes labelsource=<barcode -or- prompt> checkin=<scratch -or- private>

DRM

ステータス

         mountable 通常の状態

         notmountable       災害回復拠点への移動開始(まだオンサイトにある)

         courier            オンサイトから災害回復拠点に移動中

         vault              災害回復拠点に到着

         vaultetreve        災害回復拠点にあるが、期限切れ等のためオンサイトに移動すべき状態

         curierretrieve     災害回復拠点からオンサイトに移動中

         onsiteretrieve     災害回復拠点からオンサイトに戻った状態 -> private/scratch

query drmedia      メディア状態の確認

move drmedir <volume_name> wherestate=mountable remove=no dbbackup=no wait=yes

                   移送

         保存期間はCopy Stgpoolのreusedelayで設定

set drmdbbackupexpiredays   災害回復用TSM DB Backupの保存日数

EXPORT/IMPORT

export node <* -or- Node Name> filespace=<* -or- Filespace Name> domains=<* -or- Domain Name> filedata=<backup type>

   preview=<yes -or- no> devclass=<Device Class Name> scratch=<yes -or- no>

export server filedata=<Backup type> preview=<yes -or- no> devclass=<Device Class Name> scratch=<yes -or- no>

         ... admin & policy ...

import node <* -or- Node Name> filespace=<* -or- Filespace Name> domains=<* -or- Domain Name> filedata=<backup type>

   preview=<yes -or- no> devclass=<Device Class Name> dates=<Absolute -or- Relative> volumenames=<Volume Name>

   replacedefs=<yes -or- no>

absolute ... ファイルの日付を、エクスポート時に指定した値に設定

relative ... ファイルの日付を、インポートの日付にあわせる

replacedefs  yesで管理者定義を置き換える。noで置き換えない。

特殊やその他

dbbackuptrigger    TSM LOGがロールフォワードモードの時のみ利用可能。

                   TSM Logの利用率が指定値を超えたときに、DBの差分バックアップを取得する)

define spacetrigger         DB&LOGの自動拡張機能

reset logconsumption        累積ログ利用統計のリセット

reset logmaxutilization     ログの利用率統計のリセット

reset bufpool      DBバッファープール統計のリセット

reset dbmaxutilization      DB利用率統計のリセット

mirring db& log    define dbcopy&logcopy TSM DBまたはLogの二重化または三重化を行う

                   対象ボリュームは予めdsmfmtにて作成する

Copy Strage Pool   二重化または外部保管の為のストレージプール。backup stgpoolにて二重化。

                   初回以外は差分のみコピーされる

Migration          閾値設定によりNext Stgpoolにデータを移行する。

Disk Cashing      

expire inventory   ポリシーから外れたデータの削除

audit library      ライブラリ内のボリュームとcheckin情報の整合性検査

                   checklabel=barcodeでバーコードのみ検査。

                   yesでラベル情報をチェックする

audit volume       TSM DB情報とボリュームに記録された情報の整合性検査

move data 同一ストレージプール内のボリューム間でのデータ移動

                   コピーストレージプールが対象になっても、

                   コピーストレージに含まれるOffsiteボリュームをマウントする必要はない。

query content      ボリューム内のファイルに関する情報照会        

query occupancy    クライアントデータの場所と占有情報照会

export node        クライアント情報と一緒にバックアップ・アーカイブファイルをエクスポート

                   ファイルスペース定義もexport可能

import node        エクスポートされたデータのインポート

query auditoccupancy        クライアントノードのストレージ(テープ)利用率情報

query backupset    バックアップセットの照会

set accounting     会計レコードを作成するように設定 dsmaccnt.logに記録

expire inventory   有効期限処理を手動で実行。expintervalのサーバーオプションで自動起動可

validate policyet  ポリシーセットの妥当性検査

User Administrato ... System,Support,Reporting,Client

grant authority    class=   system   TSM最高レベルの権限

                            policy   ポリシードメインの更新が可能。ただし定義や削除、コピーは不可

                            storage  ストレージプールの更新が可能。ただし定義や削除は不可

                            operator サーバの即時操作及びストレージメディアの可用性を制御可能

                            analyst  サーバ統計と追跡するカウンタをリセット可能

                            node     クライアントノードにリモートアクセス及び操作が可能

                   domains=...権限が有効なドメイン指定

                  stgpools=...権限が有効なストレージプール指定

                   node=...権限が有効なクライアントノード指定(class=nodeと同時に指定,domain=と同時指定不可)

lock admin         管理者のロック

unlock admin       管理者ロックの解除

                  

                  

Include/Exclude File

ディスク装置

ランダムアクセス

         define stgpool <Storage Pool Name> disk

         define volume <Storage Pool Name> <File Name> formatsize=<size in MB>

順次ファイル

         define devclass <Device Class Name> devtype=file directory=<Directory Name> maxcapacity=<Size of one file in K,M,G>

         define stgpool <Storage Pool Name> <Device Class Name> maxscratch=<Maximum number of files>

         TSMが自動的にファイルを作成。define volで事前定義も可能

TSM Schedule for administrative

define schedule <Schedule Name> type=administrative cmd='<commands>' active=yes

   description='<Descriptions>' priority=<Priority No.> startdate=<date of start> starttime=<time of start>

   duration=<nomber of duration> durunits=<unit of duration> period=<number of period> perunit=<unit of period>

   dayofweek=<week that you want to do this task> expiration=<valild date>

query schedule <Schedule Name -or- *> type=administrative

query event <* -or-  Domain Name> <* -or- Schedule Name> type=administrative begindate=<date of begin> enddate=<end of date>

TSM Schedule for Client

define schedule <Schedule Name> type=client description=`<Descriptions>' action=<task of action>

   option=<option for action> objects=<objects name for action>  priority=<Priority No.>

   startdate=<date of start> starttime=<time of start> duration=<nomber of duration> durunits=<unit of duration>

   period=<number of period> perunit=<unit of period> dayofweek=<week that you want to do this task> expiration=<for valild date>

q schedule

define association <Domain Name> <Schedule Name> <Client Node Name>

q event  <* -or-  Domain Name> <* -or- Schedule Name>  begindate=<date of begin> enddate=<end of date>

Edit dsm.opt

         passwordaccess generate

         schedmode <polling -or- prompted>

クライアントポーリングモード

         クライアントは一定インターバルでサーバに次の実行時間とオペレーションを確認

         サーバから通知された時刻になると処理を実行

サーバープロンプト

         クライアントはネットワークアドレスをサーバに通知

         サーバーは実行時間になると通知されたアドr巣を元にクライアントにコンタクト

         TCP/IP環境のみ

set schedmods <polling -or- prompted -or- any>

Schedule Admini             スケジュールのactive属性をyesにする

Schedule client             define associateで該当クライアントノードとスケジュールを関連付ける

バックアップセット(Active属性のみ)

         generate backupset <Node Name> <Backup Set Name> <* -or- Filespace Name> devclass=<Output Device Class>

            scratch=<yes -or- no> retention=<days -or- nolimit> description=<Descriptions> wait=<no -or- yes>

         query backupset

         query backupsetcontents

         define backupset <Original Node Name> <Backupset Name> devclas=<Device Class Name> volumes=<Volume Names>

            retenstion=<validate days -or- nolimit>

他のクライアントで取得したバックアップのリストア

irtualnodeオプションを利用した方法

         1. sp01上で

          $ dsmc q ba /work/ -virtualn=ss2

 *アクセス権などの設定は不要ですが、

   利用時にss2のクライアントパスワードが要求されます。

   クライアントパスワードはdsmc set passwordで設定する。

fromnodeオプションを利用した方法

         1. ss2でアクセス設定

          $ dsmc "set access ba /work/ sp01"

         2. sp01上で

          $ dsmc q ba /work/  -fromnode=ss2  

 * ss2クライアント上でset accessによるアクセス権を利用するノードに対して予め与えておかないと、

   ANS1092Eでエラー終了し、何もすることができません。

   ちなみにアクセス権を消去するには delete access、

   確認するにはq accessで行います。

クライアントオプションセット                   クライアントオプションセットは、バックアップ操作(incr,sel,archive,retrieve,restore)の

                                     オプションのまとまりをクライアントに割り当てます

define cloptset <Option Set Name> description=<Descriptions>

define clientopt <Option Set Name> <Option Name> <Option value> force=<no -or- yes> seqnumber=<Number>

audit license      TSMライセンスの適合性検査

set licenseauditperiod      TSMライセンスの整合性検査周期の設定

query auditocupancy         クライアントノード単位でのストレージ利用率表示

query media        ボリュームの状態を表示

setopt             dsmserv.optの設定を、動的に設定する。dsmserv.optにも反映される

DB snapshot        通常のTSM DB Backupとは別管理。snapshot Backupを取得しても、

                   TSM Logがリセットされない。(ロールフォワードモードのとき)

                   あとはTSM DB Full Backupと同様

TSM Log ... Noral Mode & ROLLFORWARD Mode

                   ノーマルモードはDBに情報がコミットされて時点でLogをクリアする

                   ロールフォワードモードは、DBのバックアップが取得された時点でLogをクリアする

HSM

dsm.sys

defaultserver      TSMのバックアップやアーカイブするサーバを指定

migrateserver      TSM HSMのマイグレーションサーバを指定。未指定時はdafaultserverの指定が利用される

checkthresholds    HSMがスペース管理対象ファイルシステムの利用率をチェックする周期を指定(デフォルト5秒)

reconcileinterval  HSMがスペース管理対象ファイルシステムに対し自動的にリコンサイルを行う周期を指定

                   デフォルト24時間。0指定で自動起動しない

maxreconcileproc   リコンサイルプロセスの最大同時稼動数

maxthresholdproc   最大同時自動マイグレーション動作ファイスシステム数

migfileexpiation   マイグレーションまたはプリマイグレーションファイルがローカルファイルシステムから削除または更新されたとき、

                   TSMサーバ上に存在するファイル本体を保持する日数を指定。デフォルト7日

minrecalldaemons   最小常駐リコールデーモン数。デフォルト3

maxrecalldaemons 最大同時動作可能リコールデーモン化す。最低2,デフォルト20

kernelmessages     カーネルが出力するHSM関連のメッセージを表示するか田舎の指定。デフォルトyes.

passwordaccess generate     透過的リコール及び自動マイグレーション実施時に必須

errorprog          HSM処理中に重大なエラーが発生した場合にHSMからのメッセージ送信先となるプログラムを指定

これらの設定は、passworkaccess,errorprogのみservernameより下に記述し、それ以外はdsm.sysの最初に記述しなければならない。

マイグレーション   ローカルファイルシステムからHSMサーバにファイルを移動すること

リコール           HSMサーバからローカルがいるシステムにファイルを戻すこと(サーバーからデータは削除されない)

リコンサイル       自動マイグレーション候補リストファイル(.../.SpaceMan/candidates)を作成

透過再呼び出し     マイグレーションされたファイルにアクセスしたとき、自動的リコールされる

選択再呼び出し     マイグレーションファイルを選択してリコールする

Resident(常駐)     ファイルがローカルファイルシステム上にだけ存在する状態

Migrated(移行済)   ローカルファイルシステムからTSMサーバにコピーされて、スタブファイルに置き換わった状態

Premigrated(事前移行済)    ファイルがローカルにもTSMサーバにも存在する状態。ローカルファイルはスタブファイルではなくその実体。

リコールが発生しない操作    ls,find,mv,touch(premigratedの場合residentに変わる),file/head(サイズによる),chmod,chown,chgrp,df,du,rm/del

WebShellの利用方法

1.dsm.sysに

         passwordaccess generate

2.dsmcadの実行

         /usr/tivoli/tsm/client/ba/bin/dsmcad

3.Webからアクセス

http:://ノード名 or IPアドレス:1581/

SAN環境下でのライブラリ共有

1.ライブラリマネージャで

         ・ライブラリの定義 define library     share=yes

         ・ドライブの定義

         ・デバイスクラスの定義(マウント待ち時間は各サーバ毎に異なる値を利用)

         ・ストレージプールの定義   

         ・テープボリュームのcheckin/label付け

2.ライブラリクライアントで

         ・ライブラリマネージャとなるサーバの定義

                   define server <server_name> serverpassword=<password> hladdress=<IP address> lladdress=<Port No.> crossdefine=yes

         ・共用ライブラリの定義(ライブラリ名はライブラリサーバと同じ名前にする)

                   define library <library_name> libtype=shared primarylibmanager=<library_manager_server_name>

         ・ドライブの定義(共用ライブラリではエレメントアドレスは不要。ドライブ名は同一にする)

         ・デバイスクラスの定義(マウント待ち時間は各サーバ毎に異なる値を利用)

         ・ストレージプールの定義

ライブラリ環境下でのライブラリクライアントでは、q libv,label libvは実行不可。その他のライブラリに関わるコマンドを実行すると、

その要求がライブラリマネージャに送信され、ライブラリマネージャが実行する。

(ライブラリクライアントは要求のし、ライブラリマネージャがその要求を受け実行する)

エンタープライズ構成

1.a 通信設定(個別定義方法)

         ・構成マネージャ上で

                   set servername <config manager name>

                   set serverpassword <config manager password>

                   define server <config manager client name> serverpassword=<config client password>

                            hladdress=<config client IP address> lladdress=<config client Port number>

         ・構成クライアント上で

                   set servername <config client name>

                   set serverpassword <config clientpassword>

                   define server <config manager name> serverpassword=<config manager  password>

                            hladdress=<config manager server IP address> lladdress=<config manager Port number>

1.b 通信設定(相互定義)

       ・構成マネージャ上で

         set server name <config manager server name>

         set serverpassword <config manager password>

         set serverhladdress <config manager IP address>

         set serverlladdress <config manager Port number>

         define server <config client name> serverpassword=<config manager password>

                   hladdress=<config manager IP address> lladdress=<config manager Port number>

                   crossdefine=yes

       ・構成クライアント上で

         set servername <config client name>

         set serverpassword <config client server password>

         set serverhladdress <config client IP address>

         set serverlladdress <config client port number>

         set crossdefine on

         ping server <Server Name> ... サーバ間通信の確認

2 構成マネージャのセットアップ

      ・構成マネージャ上で

         set configmanager on

         define profile <Profile Name> description='<Description>'

         define profassociation admins=<admin name> domain=<domain name> adscheds=<Schedule Name> scripts=<Script Name>

                   cloptsets=<Option Set Name> servers=<Server Name> servergroups=<Server Group Name>

         変更など

         lock profile <Profile Name> <Time[min]>

         unlock profile <Profile Name>

         notify subscribers profile=<Profile Name>

     ・構成クライアント上で

         q profile server=<Config Manager Name>  ... 確認

         define subscription <Profile Name> server=<Config Manager Name>

         set configrefresh <Time[min]>  ... デフォルト60[分]

         q subscription  ... プロファイル加入の照会

配布された管理スケジュールは、各々で活動化する必要がある。

profassociationの各項目で*を指定した場合、後から追加した定義もプロファイルを通じ自動的に配布されます。

同一名の管理者情報が配布された場合、その定義と権限は上書きされます。(配布元優先)

同一名のサーバ情報が配布された場合、デフォルトではその定義は上書きされません。

serverのallowreplace=yesと設定されているときのみ上書きされます。

nodeが利用しているコピーグループは上書きされません。

3.リモートコマンドの実行

 事前にサーバ間通信ができていること、サーバ名は複数及びサーバグループも可能

         サーバ名: コマンド  -- or ( <Server_Name> ) <command>

         ws2: q vol

         (ws2) q vol

4.サーバーグループ

 define servergroup <Server Group Name> description='<Description>'

 define grpmember <Server Group Name> <Member Name>

5.仮想ボリューム 

ソースサーバ  .. 仮想ボリュームを利用する側(DB,STGPool,Client Data,DRM,Server Infoなど)

ターゲットサーバ .. 実際にデータを保存しているサーバ

仮想ボリュームは、ソースサーバ上で順次メディアのように見えますが、

実際にはターゲットサーバ上のアーカイブファイルとして保管されます。

よってnode登録時のdomeinとそのdomainのarchive copygroupにより、

ターゲットサーバ上での保存先が決定します。

ソースサーバにて

         define -or- update server <Target Server Name> passowrd=<Target Server Password>

            hladdress=<Target Server IP Address> lladdress=<Target Server Port No.>

            nodename=<Source Server Name>

         define devclass <Device Class Name> devtype=server servername=<Target Server Name>

ターゲットサーバにて

         register node <Source Server Name> <Source Server Password> domain=<Domain Name>

           type=server

         define -or- update copygroup <Domain Name> <Policy Set Name> <Management Class Name>

                   type=archive destinatin=<Destination Storage Pool Name>

仮想ボリューム及びアーカイブファイルの調整

         reconcile volumes  <Device Class Name> fix=<yes -or- no>

Storage Agentのセットアップ

1. Edit  dsm.opt file on TSM Client

         ENABLELanfree               yes

         LANFREECommmethod  TCPip

         LANFREETCPport              1500

2. Edit dsmsta.opt file on StorageAgent

         commmethod         tcpip

         devconfig /usr/tivoli/tsm/StorageAgent/devconfig

         tsngroupmax        256 <--- TSM Serverと同じ値にする

3. Configure Storage Agent

 dsmsta setstorageserver myname=<StorageAgent名> mypassword=<StorageAgentパスワード> \

   myhladdress=<StorageAgenet IPアドレス> servername=<TSM Server名> serverpassword=<TSM Serverパスワード> \

   hladdress=<TSM Server IPアドレス> lladdress=<TSM Serverポート番号>

4. Configure TSM Server

  set servername <TSM Server名>

  set serverpassword <TSM Serverパスワード>

  set serverhladdress <TSM Server IPアドレス>

  set serverlladdress <TSM Server ポート番号>

5. Register StorageAgent on TSM Server

define server <StorageAgent名> serverpassword=<StorageAgentパスワード> hladdress=<StorageAgent IPアドレス> lladdress=<ポート番号>

6. Update Library Configuration on TSM Server

update library <ライブラリ名> shared=yes

7. Define DriveMapping on TSM Server

define drivemapping <StorageAgenet名> <ライブラリ名> <ドライブ名> device=<StorageAgentでのデバイスファイル名>

8. Start Storage Agent

dsmsta

イベントログ

enable events <Destination(All,console,actlog,eventserver,file,dileext,snmp,tivoli,userexit)> <event name(all,info,warning,error,server)>

  nodename=<node name> servername=<server name>

        fileexit yes <Filename append>

        userexit yes <program name>

        begin eventlogging userexit

define eventserver <server name>

Comments   

 
0 #1 Guest 2019-03-16 14:43
I will immediately clutch your rss feed as I can not to find your e-mail subscription hyperlink or
e-newsletter service. Do you've any? Please
allow me realize so that I may just subscribe.

Thanks.

Feel free to visit my web page: Gia xe
audi tt 2019 nhap khau la bao nhieu
Quote
 

Category Database

TweetTweet Share on LinkedInShare on LinkedIn Share on Google+Google+ Submit to RedditReddit Publish on WordPress WordPress Send emailSend email