Saminnet-Search Article Wiki Forum Piwigo SNS Cloud vtiger Sugar
DB2-exp

  • Oracle
    • WebLogic Reset (212) Tue04,11:01am

      WebLogic起動するたびにユーザ名とパスワードを聞いてきて煩わしかったので回避したメモ。     securityフォルダを作成     $ mkdir $DOMAIN_HOME/servers/AdminServer/security     boot.propertiesを作成    boot.properties     username=weblogic    password=password     ※平文でOK     nohup & でWeblogicを起動     $ nohup sh $DOMAIN_HOME/startWebLogic.sh &     ※nohup.outに吐かれるのがいやだったら適当にリダイレクトさせる     boot.propertiesが暗号化されてることを確認     $ ca…

      Read More...

DB2-exp

前提

  • コマンドにより実行されるインポート、エクスポートを行う権限

解説

複数のテーブルをまとめてインポートもしくはエクスポートするには、db2moveコマンドを用います。

db2move データベース名 [-u ユーザ名 -p パスワード ] アクション指定 [ 対象表指定 ]

  [-io インポートオプション指定 ] [-lo ロードオプション指定 ]

  [-l LOBデータ格納ディレクトリ指定 ]
データベース名
インポートもしくはエクスポートするデータが格納されているデータベースの名前を指定します。
-u ユーザ名 -p パスワード
データベースの接続に用いるユーザー名およびパスワードを指定します。指定しない場合、OSへのログインに用いたユーザー名でデータベースに接続されます。
アクション指定
アクションを以下の形式のいずれかで指定します。
EXPORT
複数の表のデータをまとめてエクスポートします。
IMPORT
複数の表のデータをまとめてインポートします。
LOAD
複数の表のデータをまとめてロードします。
対象表指定
指定したアクションの対象となる表を、以下の形式のいずれかで指定します。指定しない場合、データベースに含まれる表すべてが対象となります。
-tc 所有ユーザー名
指定したユーザーによって作成された表すべてを対象とします。
-tn 表名のリスト
指定した表を対象とします。対象とする表の名前をカンマで区切って並べます。
-sn スキーマ名
指定したスキーマに含まれる表すべてを対象とします。
-io インポート方法指定
インポートを実行するときのインポート方法を指定します。指定できるインポート方法方法は通常のインポートの場合と同じです。 デフォルトはREPLACE_CREATEです。
-lo ロード方法指定
ロードを実行するときのロード方法を指定します。指定できるロード方法方法は通常のロードの場合と同じです。 デフォルトはINSERTです。
-l LOBデータ格納ディレクトリ指定
LOBデータのファイルが格納されているディレクトリを指定します。複数のディレクトリを指定する場合は、カンマで区切って並べます。 ひとつも指定しなかった場合は、カレントディレクトリを指定したことになります。

アクションでexportを指定してdb2moveを実行すると、表6-3-1にあげるような複数のファイルに表のデータが出力されます。

ファイル名内容
db2move.lst 表および対応するデータファイルのリストが含まれる。
tab nnn .ixf 各表のデータが格納されたファイル。
tab nnnc.yyy LOBデータが格納されたファイル。

表6-3-1: db2moveのexportアクションにより生成されるファイル

これらのファイルは基本的にdb2moveを実行した時のカレントディレクトリに出力されます。 importもしくはloadを実行する場合は、これらのファイルをカレントディレクトリに置いた上でdb2moveを実行します。 なお、LOBデータについては例外で、ファイルの格納場所を-lオプションで変更することができます。

使用例

データベース(ここではsample)に含まれる表すべてをエクスポートする例。

$ db2move sample export↓

指定したスキーマ(ここではdbapp)に含まれる表すべてをエクスポートする例。

$ db2move sample export -ts dbapp↓

LOBデータが格納されているディレクトリ(ここでは/lob1および/lob2)を指定した上で、データベース(ここではsample)に表をまとめてインポートする例。

$ db2move sample import -l /lob1,/lob2↓

注意

  • 構造型の列を含む表は、db2moveで処理できません。

Add comment


Category Database

TweetTweet Share on LinkedInShare on LinkedIn Share on Google+Google+ Submit to RedditReddit Publish on WordPress WordPress Send emailSend email