Saminnet-Search Article Wiki Forum Piwigo SNS Cloud vtiger Sugar
zabbix snmptt epel

  • Oracle
    • WebLogic Reset (291) Tue04,11:01am

      WebLogic起動するたびにユーザ名とパスワードを聞いてきて煩わしかったので回避したメモ。     securityフォルダを作成     $ mkdir $DOMAIN_HOME/servers/AdminServer/security     boot.propertiesを作成    boot.properties     username=weblogic    password=password     ※平文でOK     nohup & でWeblogicを起動     $ nohup sh $DOMAIN_HOME/startWebLogic.sh &     ※nohup.outに吐かれるのがいやだったら適当にリダイレクトさせる     boot.propertiesが暗号化されてることを確認     $ ca…

      Read More...

zabbix snmptt epel

SNMPトラップとZabbixを連携させる手順について説明する。

ZabbixでSNMPトラップを扱う方法は複数ある。 本文書で示す方法の概要は下記のとおり。

  1. snmptrapdがSNMPトラップを受信する
  2. snmptrapdはトラップをSNMPTTに渡す
  3. SNMPTTはトラップをパーズしたのち、整形した結果をファイルに書き込む
  4. ZabbixのSNMP trapperが3のファイルからトラップを読み込む
  5. Zabbixに登録されているSNMPインタフェースの中から、トラップの発生元のIP(またはDNS名)に一致するインタフェースを探す。
  6. インタフェースに登録されているアイテムの中にsnmptrap[regex]キーを持つアイテムがあり、regexとトラップを比較してマッチするならば、トラップがsnmptrap[regex]アイテムの値になる。マッチするアイテムがなく、snmptrap.fallbackキーを持つアイテムがあるならば、トラップがsnmptrap.fallbackアイテムの値になる

前提条件

  • SNMPのコミュニティ名: public
  • AMI: ami-39b23d38 (Amazon Linux AMI - EBS-Backed 64-bit)
  • Zabbix Server 2.0.6 (zabbix20-server-mysql-2.0.6-2.el6)

目的

SNMPトラップをZabbixのWeb UIで確認する

設定手順

snmptrapd

snmptrapdをZabbix Serverが動作しているサーバ上で動かして、SNMPトラップを受信する。

Amazon Linuxではsnmptrapdはnet-snmpパッケージに含まれている。

# yum -y install net-snmp

設定ファイル/etc/snmp/snmptrapd.confに以下を追記する。

authCommunity execute public
traphandle default snmptt

/etc/sysconfig/snmptrapdにsnmptrapdの起動オプションを設定する。

OPTIONS="-m +ALL -Lsd -On -p /var/run/snmptrapd.pid"

snmptrapdを起動する。

# service snmptrapd start

SNMPTT

SNMPTT(SNMP Trap Translator)を使って、トラップメッセージを整形してファイルに出力する。

snmpttパッケージをインストールする。

# yum -y install snmptt --enablerepo=epel

設定ファイル/etc/snmp/snmptt.iniを以下のように修正する。

項目値
date_time_format %H:%M:%S %Y/%m/%d

/etc/snmp/snmptt.confに整形ルールを記述する。 ここでは以下のようにlinkDownトラップおよびlinkUpトラップに対する整形ルールを設定する。

EVENT linkDown .1.3.6.1.6.3.1.1.5.3 "Status Events" Normal
FORMAT ZBXTRAP $aA Link down on interface $1.  Admin state: $2.  Operational state: $3
EVENT linkUp .1.3.6.1.6.3.1.1.5.4 "Status Events" Normal
FORMAT ZBXTRAP $aA Link up on interface $1.  Admin state: $2.  Operational state: $3

Zabbix Server

/etc/zabbix_server.confを以下のように修正する。

項目値
SNMPTrapperFile /var/log/snmptt/snmptt.log
StartSNMPTrapper 1

設定を反映するためにZabbix Serverを再起動する。

# service zabbix-server restart
監視設定

監視対象のホストに、以下のようなアイテムを設定する。

項目値
Name SNMP Trap Normal Status Event
Type SNMP trap
Key snmptrap[Normal "Status Events"]
Type of information Log
Log time format hh:mm:ss yyyy/MM/dd

Comments   

 
0 #1 Guest 2020-02-06 07:09
Appreciate the recommendation. Let me try it out.

Feel free to visit my web-site - Tilly
Quote
 

Articles by Date

TweetTweet Share on LinkedInShare on LinkedIn Share on Google+Google+ Submit to RedditReddit Publish on WordPress WordPress Send emailSend email