Saminnet-Search Article Wiki Forum Piwigo SNS Cloud vtiger Sugar
zabbix snmptrap-1

  • Oracle
    • WebLogic Reset (228) Tue04,11:01am

      WebLogic起動するたびにユーザ名とパスワードを聞いてきて煩わしかったので回避したメモ。     securityフォルダを作成     $ mkdir $DOMAIN_HOME/servers/AdminServer/security     boot.propertiesを作成    boot.properties     username=weblogic    password=password     ※平文でOK     nohup & でWeblogicを起動     $ nohup sh $DOMAIN_HOME/startWebLogic.sh &     ※nohup.outに吐かれるのがいやだったら適当にリダイレクトさせる     boot.propertiesが暗号化されてることを確認     $ ca…

      Read More...

zabbix snmptrap-1

snmpトラップを受信しようと思ったら、意外とハマったのでメモ。
CentOS-6.5, Zabbix-2.4, net-snmp-5.5, snmptt-1.4を使用。net-snmpとsnmpttはyumでインストールしました。

手順は以下マニュアルを参照。2.4のマニュアルを見るべきですが、英語なので2.2を参考しました。見た感じ内容は変わってなさそうなので、問題ないと思います。
https://www.zabbix.com/documentation/2.2/jp/manual/config/items/itemtypes/snmptrap

そもそもですが、Zabbixでトラップを受信する流れは以下の通りだそうです。
snmptrapdでトラップ受信し、snmpttに渡す
 ↓
snmpttはトラップを整形し、テキストファイルに出力
 ↓
snmpttが出力したファイルを、Zabbixが読み込む。

別に設定の順番は関係ないですが、分かりやすいよう上から順に設定。
■snmptrapdの設定
# vi /etc/snmp/snmptrapd.conf
------------------
authCommunity log,execute,net public
→コミュニティ名が"public"のトラップに対し、ログ出力、実行、転送を許可
traphandle default /usr/sbin/snmptthandler
→traphandleでsnmpttにトラップを渡す
------------------

■snmpttの設定(snmptt.ini)
# vi /etc/snmp/snmptt.ini
------------------
log_enable = 1
→ログ出力を有効
log_file = /tmp/my_zabbix_traps.tmp
→出力先ファイルを指定。後述のzabbix_serverの設定と一致していれば、任意の場所でOK
date_time_format = %H:%M:%S %Y/%m/%d
→ログに出力される日時のフォーマット
------------------

■snmpttの設定(snmptt.conf)
# vi /etc/snmp/snmptt.conf
ファイルの最初に以下2行を追加
------------------
EVENT general .* "General event" Normal
FORMAT ZBXTRAP $aA $ar
------------------
デフォルトのトラップフォーマットの定義、らしいです。マニュアル通り。

■zabbix_serverの設定
# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
------------------
StartSNMPTrapper=1
→SNMPトラッパープロセスを起動
SNMPTrapperFile=/tmp/my_zabbix_traps.tmp
→読み込みファイルを指定。snmptt.iniのlog_fileの設定と合わせます。
------------------

■プロセス再起動
ここまで設定したら、snmptrapd, snmptt, zabbix_serverをすべて再起動

■ホストの設定
以降はzabbixの設定。設定→ホストでZabbix serverを選択し、SNMPインターフェースを追加
IPアドレスを127.0.0.1, ポートを161で追加

■アイテムの追加
設定→ホストでZabbix serverのアイテムを選択し、画面右上の「アイテムの作成」でアイテムを追加
名前:任意
タイプ:SNMPトラップ
キー:snmptrap["General"]
ホストインタフェース:127.0.0.1:161 
→事前にSNMPインターフェースを追加しないと、ここで選択できません。
データ型:文字列
以降はお好みで。デフォルトでも可

■トラップの追加
設定→ホストでZabbix serverのトリガーを選択し、画面右上の「トリガーの作成」でトリガーを追加
名前:任意
条件式:{Zabbix server:snmptrap["General"].iregexp(*)}=1
→トリガー関数にiregexp(*)を使い、収集したアイテムをすべて検知させます。文字列で絞り込みたい場合は*部分を文字列にします。


以上で設定は完了。試しにCPU上でローカルホストにトラップを送信してみます。
snmptrap -v 2c -c public 127.0.0.1 '' .1.3.6.1.4.1.8072.99999 .1.3.6.1.4.1.8072.99999.1 s "Test Message"

問題なくZabbixで検知しました。

Comments   

 
0 #1 Guest 2019-05-03 09:35
I'm curious to find out what blog system you happen to be using?
I'm experiencing some minor security issues with my latest blog and I'd like to find something more safeguarded.

Do you have any solutions?

my blog: gamefly free trial
Quote
 

Articles by Date

TweetTweet Share on LinkedInShare on LinkedIn Share on Google+Google+ Submit to RedditReddit Publish on WordPress WordPress Send emailSend email